ライブの撮影を許可されたファン

賛否両論ある!ライブ撮影はマナー違反?~禁止されるその理由~

近頃ライブの写真などがSNSにアップロードされていることを目にすることがあります。

ライブに行きなれているからすると「撮影禁止なのにマナー違反では?」と思うことでしょうが、実は最近ライブ撮影の事情が変わりつつあります。

今回はイベントライブの撮影についてお話ししましょう。

日本では禁止されていることの多い撮影

ファン達がみんなでライブを撮影
ファン達がみんなでライブを撮影

せっかく好きなアーティストのライブに行ったのだから、記念に写真や動画を撮りたいという気持ちもわからなくはないですよね。なぜライブで撮影が禁止されていることが多いのでしょうか?

撮影禁止の法的根拠は?

「禁止されているのにライブで撮影をするのは法律違反だ!」という人がしばしばいるのですが、ライブ撮影を取り締まる法律はありません。ライブイベントの運営が撮影禁止を観客に求める根拠はイベントの利用規約にあります

ライブイベントで撮影を規約で禁止しておけば、規約を守らない観客に対してライブイベントに参加することを拒否することができるというわけです。なので規約を破って撮影をすると、法律違反ではないにしても退場させられたりする可能性があるので止めておきましょう。

因みに記録した動画や写真を個人の範囲で楽しむのはいいですが、ネットにアップロードし不特定多数の人が見れる状態にすると著作権や肖像権侵害に引っかかる可能性があります。

撮影禁止は時代遅れ?

近年撮影許可を出す日本のアーティストが増えてきているのはご存じでしょうか。有名どころとしてはゆずやSEKAI NO OWARINIなどで、全面的に撮影を許可しています。

ほかにも浜崎あゆみや宇多田ヒカルやASIAN KUNG-FU GENERATIONなど、一部撮影を許可しているアーティストも増えているなど、撮影許可の方向に時代が動いています。

撮影許可するとどうなるの?

ライブイベントでの撮影許可はどういう効果をもたらすのでしょうか?許可するべきなのか、許可しないべきなのかを考えてみましょう。

そもそも海外では撮影が禁止されていないことが多い

日本に住む私たちにとっては意外なことかもしれませんが、海外でのライブイベントは撮影が禁止されていないことが多いです。

撮影された写真や動画はSNSや動画サイトにアップロードされていることもしばしばあり、ライブイベント側も黙認しているところも多々あります。

プロモーションの効果は高い!

撮影が許可されているライブイベントの後には、ファンが写真や動画をSNSにすぐアップロードされたりします。ライブに行ったファン同士で盛り上がったり、ライブに行けなかったファンもライブの感じを知ることができ非常に便利です。

やSNSなどのネットツールはユーザー数も非常に多く、メジャーな宣伝広告媒体の一つです。SNSなどで盛り上がるということは、今や巨大広告を打つのと等しい効果が期待できるということです。ファンも盛り上がり、アーティスト側も宣伝効果があるとなるとWin-Winの関係ですね。

ほかの観客の邪魔になる?

それだけ聞くと撮影を許可したほうがいいように聞こえますが、禁止されることが多いということはデメリットもあるということです。

撮影をOKにすると撮影のためにスマホやカメラを高く掲げたり、フラッシュをたいたりする人が出てきます。そうなるとほかの観客の邪魔になりますし、それが原因でトラブルになりかねません

撮影することはアーティストに失礼?

ライブに集中せず写真や動画の撮影をしているのは本末転倒という意見もあります。ライブは積極的に参加してアーティストと作り上げるものと考えると、撮影している暇などないと考える人もいるようです。

また、アーティスト側としてもライブに集中してもらえずスマホやカメラ片手にみられるのはあまり気持ちのいいものではないようで、撮影OKの海外でもしばしばアーティスト側が観客の態度に対して苦言を述べているということもあります。

撮影記録データを悪用されるかも?

純粋に体験をシェアする目的ならばいいのですが、写真や動画の記録物を悪用される危険性はどうしても避けることができません。中にはライブ映像を丸々録画し、動画サイトにアップロードしたり海賊版として有料で販売したりする悪質なケース(もちろん犯罪です)もあります。こうなるとDVDの売り上げに影響を与えかねません。

またライブ中の偶然のトラブルやアーティストにとってマイナスイメージになりかねないものを拡散されてしまうと、プロモーションどころか多大なるデメリットになりかねないのでそのようなことはアーティスト側にとって絶対に避けなければなりません。

このようにリスクマネージメントの難しさから、撮影を許可しないほうが無難と考えるアーティストも少なくないようです。

ライブを楽しむ権利、マナーを守る義務

いかがでしたでしょうか。今回はライブ撮影についてお話ししました。

スマホの普及やSNSの流行などからライブでの撮影がOKになりつつあるのは時代の流れだと思います。アーティスト側もいろいろ考えて撮影許可を出したり、禁止したりしていますので一概にどちらがいいということは言えません。

撮影を解禁することのいい点も悪い点もあり、賛否は両論あると思いますが、大切なのはライブに参加しているのは自分一人ではないということを忘れずに楽しむことです。撮影禁止ならば撮影をしない、撮影OKでもルールやマナーを守って回り含め皆が楽しめるライブにすることを心がけましょう

Crowdfundingクラウドファンディング

INFORMATIONインフォメーション