いまさら聞けない音楽用語~ADVやDOORって何?~

いまさら聞けない音楽用語~ADVやDOORって何?~

ライブイベントの表記ってわかりにくい…

ライブイベントに行こうと思いライブハウスのホームページやライブのフライヤーを見てみても、書き方がわかりにくいことがありますよね。

その中に、ADVやDOORなどと書かれているものがあります。今日はこの表記についてお話ししましょう!

ADVとDOORって何?

ライブハウスのステージ
ライブハウスのステージ

フライヤーの内容を見てみると、「ADV 2000円 / DOOR 2500円」なんて書き方をしていると思います。知らないとライブの観覧席の場所のことなのかと思っちゃいますよね。でも違います。どういう意味なのでしょうか? 

ADVは前売り券のこと!

ADVは前売り券のことです。ADVはadvance tiketのことで、advanceには「前の」という意味があります。前もって買うチケットのことですね。

ADVと略さずにAdvanceと書かれている場合もありますが同じ意味です。前売り券なので当日券よりもお安くあります。ライブに行く予定なら積極的に利用しましょう。

電話やホームページから問い合わせる際は、「取り置き」というワードが出る場合があります。これは当日受付で取り置きしてもらったことを申し出ると、チケットをそこで買えますが、取り置きの場合でもしっかり前売り券の価格なので安心してください!

DOORは当日券のこと!

DOORは当日券のことです。at doorの略で「入り口で」という意味なのですが、入り口でその場で買うイメージをすると覚えやすいかもしれません。 

当日券はほかにもDAYやDOSなんて書かれたりもしますが同じ意味です。当日ふとライブに行きたくなったり、予定がなくなって都合がついた時なんかには当日券を買って入場するわけですね。前売り券よりは高くなることが多いです。 

これをふまえると、「ADV 2000円 / DOOR 2500円」は前売り券2000円、当日券2500円ということですね。一度わかれば簡単ですね。

因みに前売り券も当日券も価格が変わらない場合もあります。その時は「ADV / DOOR ○○円」みたいな書かれ方をしてるので、前売り券の価格の書き忘れと勘違いしないようにしましょう!

そのほかの分かりにくい表記

With FlyerやBring A Flyerって? 

あまり見かけないのですが、 With FlyerやBring A Flyerなんて書かれてることがあります。With FlyerはW/Fなんて略されたりします。

これも価格に関することで、フライヤーを持っていくとその価格で当日券を買うことができます。

例えば「ADV 2000円 / With Flyer 2500円 / DOOR 2800円」と書かれていれば、前売り券は2000円で当日券は2800円だけど、フライヤーを持っていけば2500円で当日券が買えるということですね。

ドリンク代が別に必要なところが多い

まずライブハウスは大体ワンドリンク制です。入場の時にドリンクを頼むのですが、 これは必ず頼まなければいけないので注意です。

この時ドリンク代はチケット代に含まれていることもあれば、チケット代とは別に払わなければならないことがあります

そういう時は、1D別とか、D代とか書かれていますので事前に確認しておきましょう。大体500円くらいです。

ややこしいけど慣れれば簡単!

いかがでしたでしょうか。今回はライブ等のわかりにくい表記についてお話ししました。

初めてだとわかりにくい表記も多いですが、いったんわかれば大丈夫だと思うので安心してライブに参加してみましょう!

RELATED関連情報

Crowdfundingクラウドファンディング

INFORMATIONインフォメーション