ライブでギターを弾くcamaro桑田健吾

【いまさら聞けない】ライブハウス初心者へ~ライブ初参加の注意点~

音楽の醍醐味の一つとしてライブにがあります。ライブに行ってみたい!と思っても「どんなところかわからないからちょっと怖い…」「自分だけ浮いたらどうしようなど…」「知り合いに誘われたけどどうしていいかわからない」など一歩踏み出せないそこのあなたに!今回はライブに参加するのに必要な最低限の知識を紹介しましょう! 

ライブ参加の事前準備

ライブをより楽しむためにはしっかりと準備をしましょう。

チケットを買おう!

ライブに参加するにはまずチケットを入手する必要があります。

チケットの取り方としてはファンクラブや公式ホームページ、チケットぴあなどプレイガイドの先行販売や、プレイガイドによる一般販売、または当日販売などがあります。アーティストによってはファンクラブに入っていないとチケットを購入することが困難な場合もあります。

ライブのチケットにはスタンディング指定席があります。

スタンディングは文字通り座席がなく立ちっぱなしです。入場はチケットに記載されている整理番号の順に入場します。他のお客とは距離が近いですが、一般的に指定席よりステージに近く、大いに盛り上がることができます!

指定席はあらかじめ座席が決まっていますので。比較的ゆったりとライブを楽しめたりします!スタンディングの場合、パンクロックなど激しいライブの場合モッシュというファン同士が盛り上がってわちゃわちゃするという現象が起こることがあります。これはこれで楽しいのですが、ゆっくりとアーティストのライブを見たい人などは指定席のほうが向いているかもしれません!

アーティストの情報をおさらいしよう!

ライブの演奏曲順は公開されないことが多くあるので、明日はどんな曲でどんな順番でライブが行われるのかを想像するのも事前の楽しみの一つですよね。

やはりそのアーティストにある適度詳しいほうがライブを楽しめると思うので、友達に付き合ってライブを行く場合などはアーティストの情報や楽曲を確認しておくとより楽しめるかもしれません!

持ち物を準備しよう!

ライブに行ったときにアレがなくて困る!とならないように、持って行ったほうがいい持ち物を紹介します。

チケット

当然ながらチケットは絶対に必要です!忘れてしまって入場できない…なんてことになったら悲しすぎますよね。事前にカバンに入れ、出発前に確認し絶対に忘れないようにしましょう!

お金

ライブ会場への交通費に加えて、ロッカー代や飲み物代を最低限持って行ったほうがいいです。グッズなどを買う人はその分のお金も持っていきましょう。

物販販売やコインロッカーなどは現金がないと困るので現金をもっていきましょう!

飲み物

夏場の野外ライブなどは当然のこと、冬場でも意外とライブは暑く汗をかくので脱水症状にならないように水分をもっていくといいでしょう。

会場によってはペットボトル持ち込み禁止や水のみOKだったり、入場の際にワンドリンク制だったり様々なルールがある場合があるので、事前に確認しておきましょう!

汗拭きタオル

季節を問わずライブで盛り上がると汗をかくので汗拭き用のタオルは持って行っておきましょう。冬場などだと汗をそのままにしておくと風邪をひいてしまいますよ!

着替えのTシャツ

必須ではないですがあると便利です。汗だくのまま放置すると風邪をひきますし、帰りの電車などで周りが気になっちゃったりしますからね!

眼鏡やコンタクトの予備

これも必要な人だけですが、ライブ中に思いがけずに外れてしまったり、壊れてしまうとそのあと楽しめなくなってしまいますよね!ある人は持っていくといいでしょう。

近年は転売対策に身分証明書を求められることもあるのでその際は必ず持参しましょう。その他サイリウムや団扇などグッズをもっていったほうが盛り上がれる場合もあるので事前に確認したほうがいいですが、あまり大荷物にならないようには心がけましょう

どんな服装で行けばいいの?

基本的にはシャツにパンツにスニーカーなど、動きやすい恰好がいいです。

女性としては好きなアーティストやグループの前ではおしゃれしたい!と思う気持ちはすごくわかりますが、汗で汚れますし高いヒールなどは単純に危ないので控えたほうがいいと思います。またアクセサリーなどをつけているとケガの原因になるので、ライブが始まる前には必ず外しておきましょう!

ライブ当日の流れ

では実際にライブ当日の流れに沿って、よくある疑問などをご紹介しましょう!

どのくらい前に前に到着すればいい?

グッズなどの物販販売はライブ前に行われることが殆どです。グッズ購入をライブの規模やアーティストの人気によっては何時間も並ばなければならないこともあるので、あらかじめネットや詳しい人に聞いて調べておくといいでしょう!

物販購入などをしない場合はスタンディングと指定席で若干異なります。

スタンディングの場合、開場時間から順番に整理番号で呼ばれるため、開場時間と自分の整理番号を考えて到着時間を調整するといいかもしれません!(塩梅がわからないなら開場時間に行くと安全ですが、整理番号が後ろのほうだとかなりの待ち時間ができてしまうかも)

指定席の場合はそういうことがないので開演時間に座っていれるように到着すれば大丈夫です!余裕をもって30分前ぐらいに到着していればいいでしょう!

ロッカーに荷物を預け着替えやトイレなどを済まそう!

会場に到着したら、まずはロッカーに預けましょう。スタンディングならなおのこと、会場内に持ち込む荷物は最小限に収めておくとトラブルにならないと思います!

シャツに着替えるなどの準備を済ませたら、トイレも事前に済ませておきましょう。時間前になると大変混雑することが多いです!

ライブが始まったら周りに合わせてみよう!

いよいよライブが開演したら興奮のひとときですね!観客はただ見てるだけではなく。ノリのいい曲では手拍子や合いの手などを入れたり、バラードならサイリウムを振ったりライブに参加するのも楽しみの一つです!  初めて参加する場合は周りがどういう場面でどういう行動をしているのかをよく見て真似してみるといいでしょう。きっとライブに没入できますし、恥ずかしがらずに声を出したりアクションをとることによってライブを何倍にも楽しむことができます!

ライブが終わったら係員の指示に従って帰宅しよう!

楽しいライブも終わりいざ帰宅!となりますが。ライブの規模が大きい場合退場に時間がかかる場合があります。その場合、近くの交通機関も大変込み合うので、事前に切符を購入したり、ICカードにチャージしておくといいでしょう!

遠征の場合終電の時間を考えて、早めに退場して帰るのも手段ですし泊りで行くなどあらかじめプランを立てておくといいでしょう!

マナーを守って楽しいライブを!

いかがでしたでしょうか。これでライブの流れは大体わかったと思うので、気になるライブや友達のお誘いがあったときにチャレンジできますね!

マナーとして気を付ける点として、撮影などの禁止行為をしたり、ほかの観客に迷惑をかけるような行為はしないようにしましょう。

またこのようなあからさまななマナー違反行為でなくとも、SNSでライブのセットリストを発信したりすることなどもマナーとしてよくないです。ツアーの最終公演や単発のライブの場合は問題ありませんが、ツアーの最中などの場合これからツアーに参加するほかの人にはネタバレになるので楽しみを奪ってしまうことになりかねません!

ライブの興奮を共有したい気持ちはわかりますが、そこはネタバレにならない範囲で書くことを心がけましょう!

RELATED関連情報

Crowdfundingクラウドファンディング

INFORMATIONインフォメーション