【初心者必見】ライブ前の緊張を防ぐには?~緊張を和らげる7つの方法~

【初心者必見】ライブ前の緊張を防ぐには?~緊張を和らげる7つの方法~

どうしても緊張してしまう、そんな方に

皆さんはライブなどの前に緊張してしまうことはあるでしょうか。

ライブに慣れていない人であれば最初のころはやはり緊張してしまいますし、ある程度慣れている人でもアウェイや予想以上の集客に緊張してしまうこともあるかと思います。

今回はそんな人のために、緊張を防ぐor和らげる方法を7つ紹介しましょう!

1.「緊張しない」ことを意識しすぎない

極度に緊張してしまう女性
極度に緊張してしまう女性

緊張してしまいがちなタイプに良くあるのは、緊張とうまく付き合えていない人です

意外かもしれませんが、緊張は誰だってします。それこそプロミュージシャンでもベテランバンドマンでも、本番前に緊張しないなんて人はごくわずかで大なり小なり皆さん緊張するのです。緊張は誰にでも起こりうる自然な反応なのです。

緊張をなくそうとすると、自分に注意や意識が向いてしまい逆効果なのです。「緊張しないぞ!」と意識すればするほど、緊張してしまうのです。

なので緊張を受け入れてください。そもそも適度な緊張があった方がいい結果をもたらすといわれているので、まずは緊張がそんなに悪いことではないこと、緊張感というものに体を委ねてみるということをしてみてください。これを意識するだけでかなり違ったりします。

2.ストレッチ等体をほぐす

意識しなくても緊張していると体に力が入り、血行が悪くなり筋肉が固まったりします。そのような状況では、脳に酸素がうまく回らず集中できなかったりぼっとする原因となります。そしてミスをしてしまうとそのミスが緊張の呼び水となり、と悪循環になってしまう可能性がありますよね。

こういった時に有効なのがストレッチなどで体をほぐすことです。体のこりがほぐれ、血行が良くなるとリラックスでき緊張もほぐれます。

ストレッチは何でも構いませんが、おすすめとしては

  • 首を大きく回す
  • 肩を上げてがくんとおろす
  • 肩を伸ばす
  • 手のひらを握って開く(グッパー)

など、こういったストレッチを5分程度行うのがいいと思います。

3.腹式呼吸で深呼吸をする

緊張すると心拍数が上昇したりします。これは不安や緊張を感じると交感神経の働きが活発になるからです。

心拍数は呼吸を整えると下げることができます。手っ取り早いのが深呼吸をすることで、

  1. 目をつむっておなかに手をあてる
  2. 4秒かけてゆっくりと鼻から息を吸う
  3. 4秒かけてゆっくりと口から息を吐く

これを3,4セット行ってください。うまく腹式呼吸ができない場合は、寝転がることができるスペースがあればあおむけで膝を立てながら深呼吸すると自然と腹式呼吸になると思います。

4.リラックスに効果のある食べ物や飲み物を摂る

よくコンビニなどでストレスや緊張対策にチョコレートがピックアップされているのを見たりしませんか?チョコレートやココアなどを食べるのも緊張をほぐすのに効果的です。

ココアやチョコレートの優れている点は、リラックス効果のあるだけではなく糖分によって脳の働きをよくするという効果もあるので、ライブ前のリラックス用の軽食にお勧めです。

5.音楽を聴く

気持ちを落ち着かせたり集中力を高めたりするのに音楽を聴くのも効果的です。アスリートの中には出番の前に音楽を聴いている人も多く、効果は実証されています。

いわゆるヒーリングミュージックでなくても慣れ親しんだ曲でも構いませんので、自身にあった落ち着ける曲を聴くことが大切です。

6.おまじないやルーティーンを活用する

よく緊張をほぐすおまじないとして、「人という文字を手のひらに書いて飲み込む」というのを聞いたことはありませんか?

こういったおまじないをするうえで大切なのは、効果を信じることです。こういった動作をすると緊張が治まるということを信じることが重要で、要はルーティーンなのです。そのため手順や動作の内容は何でもいいので、手を組み目を閉じたり、笑顔を作って手鏡で見てみたり、何か声に出してみたりいろいろ自分に合った方法を事前に見つけてください

7.事前準備をしっかり行い自信を高める

ライブ前の緊張の原因として、失敗に対する恐れというものがあります。「ミスをしたらどうしよう…」「大勢の前で恥ずかしい思いをしたくない」などの不安が緊張を読んでしまうのは初心者にありがちだと思います。

こういった不安を解消するためには、やはり事前準備を十分に行うことです。「練習でもうやれることはない!」と思うくらいしっかりと仕上げれば、それは自信になります。

練習でできないことは本番ではできません。逆に言えば練習でできることは、本番でできるのです。積み重ねた練習は自信に繋がり、本番での成功はさらなる自信となり日々の練習のモチベーションとなりますので、準備万端でライブに臨み正のスパイラルに乗りましょう!

緊張を味方に実力を発揮しよう!

いかがでしたでしょうか。今回は緊張を和らげるor防ぐ方法をご紹介しました。

適度な緊張感は演奏にプラスに働きますので、緊張は必ずしも悪いことではないのでうまくコントロールしたいところです。

個人によって度合いも方法も違うと思うので、自分に合った方法を見つけベストな状態でライブに臨めるようにしたいですね。ぜひ参考になれば幸いです。

Crowdfundingクラウドファンディング

INFORMATIONインフォメーション