ライブチケットをデジタル化しよう!

ライブチケットをデジタル化しよう!-便利なデジタルチケットの実態-

皆さんも企画ライブを行う際にチケットを作ったりすると思いますが、チケットづくりは意外と費用や手間がかかってしまいますよね。規模が大きいイベントなどだと、チケット係は大変です。

今回はそんなお悩みを解消しつつ、実はこのご時世にもピッタリなデジタルチケットについてお話ししましょう。

デジタルチケットって?

入場時にチケットをアプリで
入場時にチケットをスマホのアプリで

デジタルチケットとは、従来の紙のチケットを電子化し、スマホなどの端末で扱えるチケットのことです。電子チケットやオンラインチケットなどとも呼ばれています。

デジタルチケットはスマホ上で管理できるので、スマホ一台で購入から持ち運び、そして利用ができます。デジタルチケットはスマホの普及とともに拡大し、ここ数年は徐々にデジタルチケットを使うイベンターも増えていました。

デジタルチケットはオンライン上で購入することができるので、購入するにあたって人と接触する必要がありません。新型コロナウイルス対策のために最近このチケットのデジタル化を進めている企業が多く出てきていると、今トレンドなのがデジタルチケットなのです。

また近年ではDX(デジタルトランスフォーメーション)という視点からもデジタルチケットが注目されています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)についての記事はこちら
音楽業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の可能性

主催側にもうれしいデジタルチケット

コンサート会場の東京ドーム
コンサート会場の東京ドーム

デジタルチケットは主催側などのチケットを発行する側にも様々なメリットがあります。

チケット発行や管理がしやすいい

従来の紙のチケットはチケットの印刷に印刷代や紙代がかかり、また印刷したチケットを保管しておく必要がありました。扱う枚数が多くなるとそれにともなって費用や手間も増えていました。

デジタルチケットならばペーパーレス化によってこのような悩みは解消されます。ひな形のデータがあればそれを使い、少量でも大量でも簡単に発行できます。

効率的にチケットを売れる

従来の紙のチケットの場合ライブハウスでチケットを売ったり、直接チケットを売ったりする必要がありました。取り置きなどもありますが、希望する人には郵送したりとなかなか手間が多いです。

デジタルチケットなら一度プレイガイドなどの事業者に委託すればあとは何もする必要がありません。売り上げなどもデータで管理できるので金銭の管理なども簡単です。

転売対策になる

現在様々なイベントにおいて利用しないチケットを購入してほかの人に高く売りつける転売行為が問題となっています。

主催には転売したチケットでの入場を無効にするなどの対策をしていることもあるのですが、従来の紙のチケットだとそれが転売されたものなのかなどの本人確認が難しかったり、手間がかかったりしていました。

電子チケットならばQRコード認証や顔認証、またはスマホの個体識別番号認証などで紙チケットより転売しにくく、本人確認も割と簡単に行えたりします。

入場がスムーズに

入場時に行列ができる
入場時に行列ができる

紙のチケットですと入場の際に半券をもぎったり、スタンプを押したりする必要がありました。

デジタルチケットだと画面を確認したり、QRを読み取ったりするだけですのでスムーズに入場ができます。またシステムによっては非接触で行えたりするので、コロナ対策もできたりします。

お客さん側のいいところは?

主催側には多くのメリットがあることが分かったと思います。お客さん側にはどういった利点があるのでしょうか。

いつでもどこでもチケットが買える!

紙のチケットを買う場合お店に行ったり、コンビニの端末で買ったりと店に足を運ぶ必要があります。

デジタルチケットはシステムがメンテナンス中でなければ、通信環境があればいつでもどこでもチケットを購入できます。 わざわざ実店舗に足を運んで人とやり取りする必要がないのでこのご時世にもぴったりです。

チケットを保管がカンタン!

紙のチケットだと薄くてどこかに紛れてしまったり、コーヒーをこぼして汚してしまったりとなくしたり汚してしまったりする可能性があります。チケットによっては再発行ができなかったりするので、そうすると買いなおす必要があったり、最悪もう買えなかったりします。

デジタルチケットの場合は購入したアプリやサイトのアカウント情報があればなくすことはありません万が一スマホが壊れてしまったりなくしたりしてしまっても、新しいスマホでログインして再ダウンロードすることができます

チケットを忘れにくくなる!

ライブなどのイベントで最もやばいのがチケット忘れです。近場なら取りに帰ることもできますが、遠征などで取りに帰れない場合などは入場ができなくなりもう最悪ですよね。

デジタルチケットの場合スマホの中に入っているのでチケット忘れがほとんどなくなりますスマホは肌身離さず持っていますし、会場への道中なにかと使うことがあるので万が一忘れてもすぐに気づけます

時代のニーズに合ったチケット

いかがでしたでしょうか。今回はデジタルチケットについてお話ししました。

昨今あらゆるもののペーパーレス化が進み、ライブのチケットなども例外ではありません。また感染症対策で人との接触を少なくされているこの時代、電子化というのはまさにこの時代に合った変化だと思います。

最近では気軽に使えるデジタルチケットサービスも増えてきて、イープラスやteketなどのサービスでは規模が小さくても気軽に使うことができたりします

多くのメリットがあり、何よりも時代のニーズに適したデジタルチケット、是非運用してみてはいかがでしょうか。

RELATED関連情報

Crowdfundingクラウドファンディング

INFORMATIONインフォメーション